ドッグフード

わんちゃんを飼ったことのある経験があれば、だれしもドッグフードの便利さというのは知っていることでしょう。しかし、便利であるがゆえに、その安全性というのは闇に葬られつつあるのではないでしょうか。世間ではドッグフードの方が栄養バランスが良いなどという誤解もうまれているようで、若い飼い主さんなどは、人が食べているものをあげるのは良くないといった思い込みをしている人も多くいるのではないでしょうか。しかし、本当にそうでしょうか?そもそも自然界の生き物であるはずのわんちゃんが、穀物などを食べることで害があるでしょうか?むしろ、何で形成されているかわからないドッグフードの方を疑うべきではないでしょうか。好きなだけドッグフードを食べ、がぶがぶと水を飲んでいるわんちゃんというのは、健康のように見えて、実は糖尿病などの病気が忍び寄っている場合もあるようです。近年ではわんちゃん用の薬なども開発され、残念ながら薬の効果によってなんとか生きながらえているといったわんちゃんも少なくないといえるでしょう。しかし、ドッグフードと薬ばかりを摂取する生活というのはどうでしょう?もし自分が同じ生活を送らなければならなくなったら、相当なストレスであると言えるでしょう。わんちゃんにも「食べる喜び」は重要です。調子のよい言葉に惑わされず、愛をこめて食事を作ってあげる習慣も作っていけるのが望ましいと言えるでしょう。

現代病

ある獣医さんに聞いた話によると、人間の世界でブームになっている「健康食」は、わんちゃんの「現代病」にも効果があるのではないかと考えられているようです。「健康食」ブームとして話題になっている食事は、基本的に肉や添加物を避け、穀物と豆類中心の食生活と言えるでしょう。これをわんちゃんに適用してみると、なんとめきめきと症状が回復したという報告があるそうです。考えてみると、この世界で病院があるのは人間界とペット界だけと言えるでしょう。そのほかの動物は、食べるものを選び、自信で自然治癒力を高めて病気と闘っていると言えます。つまり、薬に頼る前に、食事療法を実践することで「もう助からない」と言われてしまったわんちゃんでも希望を持てることができると言えるでしょう。人間界でも、食事療法で余命が伸びたりという事例は多く報告されているでしょう。それは生き物であれば共通していることと言え、病院で絶望的と言われてしまったからとあきらめるのではなく、可能性の限りを尽くしたいのであれば、幅広い視野をもって「健康食」を突き詰めてゆくのも良いかもしれません。