法人税法の勉強法

税理士試験科目別勉強法の一例を、「法人税法」でご紹介したいと思います。

法人税法は選択科目のうち、いずれかの選択が必須と言われる2科目の一つで、理論と計算問題があります。

勉強時間の目安として、500~600時間と言われているように、幅広く正確な理解と計算力が要求される科目です。

難関資格試験受験に向かうにあたっての一般的なお話がそのまま適用できるかと思いますので紹介しておきます。

資格試験の受験勉強でオーソドックスなやり方として、全体把握(繰り返し)→各論理解(この時に例題演習でその理解を深める)→総合問題挑戦→本番に即した時間配分習得というのが大きな流れです。

各段階でのポイントとして、全体把握では最初のうちは、わからないところは読み飛ばす。例題演習では、時間を決めまずは自力で解いてみること。総合問題トライでは、まず全体を見て問題の趣旨を掴み、時間配分を予想すること。本番演習では所要時間を決め、できなくてもそこで終了し、どこでつまずいたか考えてみること。

以上の基本的な流れを各ステップを繰り返すことで、記憶の定着と論点把握の勘所を養っていきます。

とりわけ法人税法のような、幅広い知識を求められる科目は、単に参考書を読み進めるだけでなく問題演習を繰り返していくことで知識の定着と補充が必須です。机に座っている時だけが勉強ではなく、いわゆる「スキマ時間」と言われる通勤時間帯や会社での休憩時間帯の有効活用も必要になってきます。

音からのインプットやスマホを使った音と映像での細切れインプットの積み重ねるも限られた時間しかない人には大きな武器となります。

スキマ時間活用については、個人個人で状況が異なりますから、自ずと利用方法も変わってくるでしょう。

早めの自分に合った継続可能な方法を見つけ開始していくことをお勧めします。

             

HildaHlBos!踏み出せ税理士への第一歩!