税理士はさまざまな業種と関わる

税金のことでセミナーを開く税理士も多くいます。どれだけわかりやすく説明するか、いかに興味をもってもらうか、を考えてやらなければなりませんが、それがまたやりがいに繋がるといいまう。税金の計算を正しく行うというのは、最低限のことであるといいます。やはりセミナーや授業であるならば、税理士個人の話しが楽しいとか、質問をしやすいということも必要になってきます。最近は会計ソフトが進化していて、事業主本人が自分で申告書を作成することも容易になってきました。そんな世の中でも、やはり税理士が必要とされているのは、税理士個人のキャラクターによる部分もあると思います。一方で、それぞれの仕事というのは、事業主の方が詳しいわけです。病院の院長、不動産業の経理、寿司屋の社長と事業内容もさまざまです。税理士という仕事をしていなかったら聞くことのできない話もたくさん聞くことができます。各方面で活躍している人たちと直接話しをすることができるのも、税理士の仕事の醍醐味といえます。税理士は、顧客の元に毎月通う人もいれば、2,3ヶ月に一度の人などいろいろですが、お客様のほうが面倒と考える場合も多くあります。申告期限の間際になっても、資料が届かないという話はよくあります。電話で催促してもなかなか送ってくれなかったり。どーんと1年分届くということもあります。もちろん、仕事なのでやるしかありませんが、単に送られてきた資料を見ながら入力して、計算するだけというのは虚しいものだといいます。また、そういったことをする経営者はたいてい赤字だといいます。なぜなら黒字だったら早めに税額を知りたいから、そういったことは少ないようです。