消費税法の勉強法

税理士試験科目別勉強法の一例を、選択科目中の必須税法の一つ「消費税法」でご紹介したいと思います。

この科目もご多分に漏れず「理論」については文言の「暗記」がメインです。したがって時間も要します。早めの開始が望まれます。

基本的に理論は、内容が理解できていても言い回しが異なると試験では認めてくれません。正解を一言一句答えられる練習あるのみです。

理解も例題演習や過去問演習で自ずから出来てきます。計算問題はすべて計算力にかかってきます。正確性とスピード感を身につけていくしかありません。もちろん「公式」の取得が大前提です。

正確な公式暗記に努めてください。

これは時間を決めた問題演習が一番効果的です。よく間違える公式や問題は繰り返しその是正に努めてください。本番で必ずクセが出てきてしまいます。

致命傷になりかねません。

公式で特に苦戦すると思われるのが「簡易課税」、国等納税義務の特例項目である新設分割、合併等「経過措置項目」でしょうか。

これらは総合問題に多く出題されるため出会う機会が少ないというのも原因かもしれません。であれば尚更問題演習で「苦手意識」はなくしておきましょう。

他「課税分類の判定」に要注意。知っているかどうかで決まってしまう分野なので、知っているが勝ちです。

こちらも苦手意識が出ないよう日頃から慣れておきましょう。

             

HildaHlBos!踏み出せ税理士への第一歩!