街中のお散歩トラブル

街中での愛犬(小型犬)のお散歩中に、正面から見知らぬ大型犬がやってきました、もし皆さんが飼い主さんであったならどうしますか?このような状況は、街の至る所で遭遇する可能性のあるシチュエーションです。見知らぬワンちゃんに出逢った時の愛犬の様子を、まずは伺いましょう。相性が悪く、警戒したり、威嚇するようであれば、その場をすんなり去る事が望ましいです。無理矢理に挨拶をすることで、思わぬ事故につながってしまうような可能性もあります。警戒心を持った状態で、怯えていないようであれば、小型犬のワンちゃんを抱いた状態で、少しずつ近寄ってみる事も良いアプローチとなるかもしれません。お互いに興味があり、相性も良さそうであれば、次回から様子をみるような形をとる事で安全なコミュニケーションを取る事につながります。このように、街中で遭遇する愛犬にとって苦手なものの中に、小さな子どもたちがいます。犬たちは、子どもたちの活発さや、奇想天外な動きに翻弄されてしまい、恐怖心を抱いて攻撃しようとするような事もあります。もち子どもたちが駆け寄ってきて、怯える愛犬を取り囲んでしまうような事がある時も、一度抱きかかえ、ご挨拶するようにしましょう。子どもたちの匂いなどを嗅ぐ事で、犬たちの様子が落ち着くようであれば、敵ではないと判断した可能性がありますが、もし、落ち着かないような様子を見せた場合は、苦手を表わすサインですので無理なコミュニケーションは避けましょう。犬たちが警戒心を表わすサインを示す時は、相手に対し、いつ攻撃してもおかしくない状態ですので、街中の見知らぬ人との接触はトラブルに発展しない前に、状況を読み取ってその場から離れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です