愛犬の飼い主としての心構え

犬たちと人間たちが、社会の中で心地よく暮して行く為には、それぞれに必要とされるルールやマナーがあります。人間が社会生活に受け入れられるように、犬たちも社会性を身につける事で、人間との生活を共にする事ができているのです。警察犬や救助犬、介助犬、盲導犬などは、厳しい訓練を受けて、必要とされる働く犬として社会の中で存在を認められていますが、皆さんの身近にいるペットとしての犬たちにも、社会性を身につける上での躾やマナーは必要なのです。最近のペットブームなどもあり、ペットショップには、バリエーションに富んだ犬用品が、数多くみられますが、そのようなグッズを愛犬に買い求める事だけが、飼い主としての楽しみではありません。犬たちの成長とともに、彼らが人間との生活の中でのルールやマナーを守りながら、多くの人々の愛情を得る成犬に育て上げる事も飼い主としての喜びや楽しみとなるのです。愛犬の寿命は、人間の生涯から比較すると、どうしても短くはなってきます。その生涯を共にする、愛犬と飼い主としての役目を、基本から見直しそれぞれに必要な学びを取り上げてみると、そこには常に「人」の損z内があると考えられています。犬たちの生涯には、人の存在や影響が大きく関わってくるようです。そのような犬との暮らしの基本を踏まえながら、愛犬の飼い主である事をきちんと受け止めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です