雷でパニックになって逃げ出すことも

犬の聴覚というのは、人間の6倍ほどといわれているそうです。立ち耳である柴犬は特にすぐれているともいわれているようです。そんな柴犬にとって、地響きとともに大きな音が鳴る雷というのは驚異そのものだそうです。犬は雷をとても怖がりますが、雷というのは「嫌なことの前兆」と感じているからだそうです。犬の本能に刻み込まれているともいえるようです。室内で怖がる分には大きな問題につながることは少ないそうですが、散歩中だと大変なことになるそうです。散歩中に雷が鳴ってパニックになってしまうということもあるそうです。雷にパニックになってしまってそのままどこかに行ってしまう子もいるそうです。雷に似た花火や太鼓の音が嫌いな子もいるそうです。犬がパニックになったら、飼い主さんは慌てずに努めて冷静になることが必要なようです。大きな音に怯える犬に頼りがいの有る飼い主であることを心がけて欲しいそうです。犬と遊んでいると引っ張りあいこになることがよくあるかと思います。犬はあの遊びが大好きなのだそうです。引っ張り合いというのは、もともと仲間と獲物を取り合うときに見られる行動だそうです。これが遊びのひとつとなったそうです。引っ張りっこをしているときに犬が頭をブンブンふる事があるかと思います。これは柴犬などの狩猟本能からくるものだそうです。獲物にトドメを指すための仕草が頭をブンブンふることなのだそうです。また、柴犬などはテンションが上りきった状態になると「ガルウルル」と唸り声をあげることがあるそうです。ただこれは、怒っているわけではなくて、楽しくて熱中していることのあらわれだそうです。柴犬がテンション上がっているからと飼い主さんがテンションを上げては駄目だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です