犬はメスとオスとで、性格が違う

不思議なことですが、犬にもメスとオスには性格の傾向に違いがあるそうです。もちろん個体差もあるそうですし、一概にはいえないそうです。オスの方は意識が外に向きがちだそうです。活発な子が多いのもオスだそうです。活発で、アクティブということで、外に出たがったり遊びたがったりするそうなので、いっしょに遊びたいという飼い主さんにはもってこいだそうです。とてもヤンチャだったりするそうです。その上甘えん坊で飼い主さんにベッタリする子も多いそうです。ただ、成熟していくと性格が興奮しやすいということがあるそうです。他の犬とのふれあいを嫌う子もいるそうです。メスの方は、意識が内向きという子が多いそうです。自分の居場所を守ろうとして警戒心が強かったりするそうです。独立心があるそうで、飼い主さんとはほどよい距離感を保とうとするそうです。性格は穏やかだそうです。相手の気持ちを汲み取ることができるそうです。甘えん坊でツンデレという人もいるようです。柴犬には「やる気スイッチ」というものがあるそうです。柴犬を飼ったことがないのでよくわからない言い回しです。柴犬と接したことがある人はわかるそうです。一度、突如としてテンションが上ってハッスルしまくる姿を見たことがある人も多いそうです。さっきまで寝ていたのにいきなり走り出すということもあるそうです。抱っこしていたら急に暴れだすということもあるそうです。柴犬というのは江戸っ子気質なのだそうです。カッとなったら火がつきやすいということのようです。何かを思いついたらすぐに行動するということが多いそうです。超獣猟犬として本能的な直感でさまざまなことを乗り越えてきたということが関係しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です